太陽光発電のバックアップについて

最近、街を歩くと太陽光発電パネルをよく見かけるようになりました。
特に最近ではTV NEWSでもメガソーラー計画に関する報道がよく行われており、
地球温暖化防止に向けてCO2を出さない、
クリーンな自然エネルギーによる発電に日本中が注目しています。
それは、行政や企業だけに言えることではなく個々人にも言えることで、
一軒家の家にもソーラーパネルを設置されているご家庭がかなり増えてきました。
というのもここ数年、住宅用の太陽光発電システムの新規設置には
国が補助金を出して費用の一部を負担してくれる制度があるからです。
また各都道府県でも、独自に太陽光発電の推進を行なっており、
埼玉県でも県として住宅用の太陽光発電の設置に関して、
費用の一部を助成する制度を設けています。
また埼玉県ではそれだけではなく面白い取り組みとして、
行政が持っている施設の屋根を貸して、
そこに太陽光発電システムを設置する業者を募集しています。
設置業者は格安で行政から太陽光発電システムのための場所を借りることができ、
発電した電力は収入になりますので、
スペースの有効利用の観点からも非常に注目を集めています。
また、埼玉県ではメガソーラーに関する公募も行なっています。
このようにして、行政がバックアップすることで近い将来すべての建物の屋根に
ソーラーパネルが設置され、これまでの電力会社から電力を買うスタイルから
自分たちで発電して使う時代に移り変わろうとしています。
今後もより一層普及していくものと考えられますので、
検討中の方は行政の動向をよく調べて設置するのが良いと考えられます。