メリハリのある川口市で太陽光発電

Posted in 埼玉で発電

関東や関西など、都会で人の多い場所はごちゃごちゃしていてメリハリの無いイメージがあります。
人が多くなれば、そういった人々をターゲットにして大きなビルや商業施設が建つとか、もともとは田舎であったのに、東京や大阪などの大都市の発展に釣られて、高度成長期に環境などを配慮せずに街づくりが行われてしまい、その名残が残っているとか、そんな印象です。
しかし、埼玉県にある川口市は多くの人口を抱えていますし、東京なども近く都会ですけど、メリハリがあるように思います。
利用しやすい平地の場所に、住宅街は人が住むように家が集中していて、農業を行う場所は畑や果樹園が集中しているなどちゃんとしています。
もちろん、都会なので高層ビルなども存在していますが、そういったものが、住宅街の真ん中にそびえ立っているとか、農業の地域に日が当たらない感じで邪魔をしているといったケースはほとんどありません。
このような状況を鑑みると、川口市で太陽光発電を導入するのも、いいかもしれませんね。
ほとんどの場合、家庭用で考えるならマイホームの屋根にソーラーパネルを設置するわけですが、そこにメリハリが無くて隣に大きな高層マンションやビルが建っていたら、日の光が当たらずにまったくエネルギーを作り出せませんからね。
他にも、農業で使うスプリンクラーなどの電力を考える場合もあるかもしれません。
この場合でも、メリハリが無いつくりで、邪魔をされたら検討する事すらできないでしょう。
川口市は、市内はもちろん、東京や周辺の関東の場所へも仕事の選択肢がありますし、気候も大雪が降るとか、特に厳しい暑さに見舞われるという条件も無いですし、あらゆる意味で暮らしやすい場所です。
そこで、よりエコロジーにそして快適に、さらにリーズナブルに暮らせる太陽光発電を導入すると、もっといい生活になれますよね。
ざっと見渡して考えてみても、メリハリのある街づくりがそれを邪魔することは無さそうですよね。