太陽光発電のパワーコンディショナとは

太陽光発電といえば屋根に整然と並んだモジュールを連想する方は多いと思います。
確かに屋根で太陽光を燦々と受けるモジュールは太陽光発電の代表選手です。
でも普段目に見えなくても大事な機器があります。
そればパワーコンディショナです。
パワーコンディショナとはモジュールで太陽の光を電気エネルギーに変えたものをさらに家庭で使えるように変化させるものです。
モジュールで作った電気は直流電気です。
このままでは家庭で使うことができません。
パワーコンディショナはその直流の電気を交流電流に変える装置です。
パワーコンディショナのメーカーは通常モジュールと同じメーカーのものを選びます。
パワーコンディショナのチェックポイントは最大定格出力です。
これは出力が可能な電力の最大値のことです。接続しているモジュールにも最大出力がありますが、パワーコンディショナの最大定格出力はこれ以上の数値のものでないといけません。
モジュールの最大出力値の方が高いと最高の条件が揃って発電量が最高になった時にパワーコンディショナの方ですべてを変換することができずにせっかく発電した電力を電力会社に売電できずに廃棄してしまうことになってしまうからです。
電力の変換効率もチェックが必要です。
この変換効率が良いと電気の変換の際のロスを少なくして済むことができるからです。
パワーコンディショナで見落としがちなのが運転するときの音です。
運転を開始するときの音、冷却ファンの音など取り付けてから分かるパワーコンディショナの音は気になる人にとっては気になることがありますのでチェックが必要です。
またパワーコンディショナの大きさも事前にチェックします。
多くのパワーコンディショナはエアコンほどの大きさがあります。
設置場所などを工夫してパワーコンディショナの置き場を確保する必要があります。
基本的にブレーカーの近くに設置されることが多いです。
パワーコンディショナもモジュールとともに最適なものを選んで快適な太陽光発電生活を送りましょう。

get( 'keyword', 5 ) ?>
get( 'comment', 5 ) ?>