太陽光発電のモジュールを選ぶ

太陽光発電には色々な機械があります。
太陽の光を受けるモジュール、それに電気エネルギー変えるパワーコンディショナ、それに発電量をチェックできるモニターなどどれも太陽光発電にとって欠かせないものですが一番大事なシステムがモジュールです。
モジュールとは屋根に取り付ける、太陽光発電といえばという機器です。
誰でも一度は屋根に取り付けているモジュールを見たことがあるでしょう。
このモジュールは太陽光発電の発電量を上げるためによくチェックして選ばなくてはいけないものなのです。
太陽光発電は家の向き、また屋根の形や勾配などに発電量が左右されるので最適なモジュールを選びます。
業者やメーカーを選ぶときには必ず一社だけでなく数社のメーカーを比較して選ぶことが大事です。
発電量が最もよいモジュールを持つメーカーとその専門家を選ぶのが太陽光発電取り付けの成功の鍵です。
モジュールのチェックしたい仕様の一つは最大出力です。
最大出力は一つのモジュールで200w程あります。
200wのモジュールを20枚接続した場合の最大出力は4kwです。
設置するモジュールを増やせば増やすほど最大出力は増えます。
屋根の条件に合わせた取り付けが必要になります。
またモジュールの変換効率もチェックすべきです。
太陽光エネルギーを電気のエネルギーに変えられるところが太陽光発電の最大のポイントです。
この変換効率が高いモジュールは面積が少なくても大きな出力を得ることができます。
この変換効率は公称のものは最大値であり各住居の環境や温度、日商の条件で下がってきます。
またモジュールの形も重要です。
モジュールが大きなものしかない、形が一定というメーカーは屋根の形を生かした配置ができません。
効率よく発電させるためには屋根のスペースを無駄なく使える形や大きさのモジュールがラインナップされているメーカーが最適と言えます。
このようにしてモジュールを選ぶことが発電量アップに繋がります。