欲しいものを我慢してでも太陽光発電は導入する価値あり

太陽光発電の工事を依頼する前に、家族と話し合いをする事になると思いますが、
その話し合いがスムーズに終わったという家庭も多いと思います。
省エネによってお金が浮く事を考えれば無駄な投資にはならないからです。
しかし我が家では主人が新しいゴルフクラブが欲しいという理由でゴネたり、
母親が新しい車を買った方が良いと言い出したり大変でした。
それでも私は省エネに興味があった為に家族を説得したのですが、
私の説得では言うことを聞いてくれず困っていたところ、
友人の家庭が太陽光発電を導入したので、そこの発電量を参考にさせてもらって、
その発電量の多さを主人と母親に見せつける事で説得する事にしたのです。
幸いにも友人が住んでいるところは我が家と同じ埼玉県だったので発電量も参考になりますし、友人の家庭も新しい車などを我慢しての導入だったらしく、発電量に満足しているので車の購入を我慢した事も後悔していないという意見も参考になりました。
メモさせてもらった発電量の数字を主人と母親に見せてみたところ、二人の予想を遥かに上回る発電量だったらしく大変驚いていました。
これだけ発電して光熱費を削減してくれるのだから、車やゴルフクラブを我慢するだけの価値はあるはずだと説得したところ、二人も太陽光発電を導入する事を了承してくれました。
発電量を参考にさせてもらった友人には本当に感謝をしなければいけません。
今では我が家は光熱費にまったく悩む事無く過ごせています。