太陽光発電の変換効率をチェック

太陽光発電には実にさまざまなメーカーと機種があります。
太陽光発電で一番大きく目立つ部分はモジュールと言われる太陽光を受けて電気エネルギーに変える部分です。
このモジュールは機種によって様々な変換効率があります。
さらにこのモジュールをどのように屋根に配置していくかどうかで変換効率が変わってきます。
太陽光発電モジュールはセルという部品から成り立っています。
メーカーによってその製法は違い、製品の特徴になっています。
結晶型はシリコンを溶かして原子の結晶構造をキレイに並べたものです。
このシリコンの原子が綺麗に並んでいれば並んでいるほどエネルギーの変換効率がよく、品質が良い製品ということになります。
この決勝には単結晶型と多結晶型があり、単結晶型の方がシリコン原子の配列が規則正しくエネルギーの変換効率が良いのが特徴です。
ただし製造にコストがかかってきますのでその分製品の単価も高くなっています。
また結晶型の他にも薄膜型というタイプもあります。
以前は結晶型よりも変換効率が低いとされていましたが現在では改善されて優秀な製品が出回っています。
この薄膜タイプには原材料の違いでシリコン薄膜と化合物薄膜があります。
薄膜型の特徴はシリコンを使わないで済む販売価格の低さにあります。
さらに結晶型では気温が高温な時期は発電量が落ちてしまうのですが、この薄膜型は高温時でも変わらない発電量が見込めるところもメリットです。
こうした太陽光発電システムのメーカーは国産の家電メーカーが主なところでした。
でも最近ではさまざまなメーカーが参入しています。
異業種の参入や海外からの外資系メーカーの参入など選択肢が増えて消費者は選び甲斐がありますが、その分迷ってしまうこともあります。
自分の家にはどのタイプが合うのかをよく見極めて選ぶことをおすすめします。
そのようにきちんと選んだ太陽光発電システムは20年もの長きにわたって発電を続けてくれます。